ポスターにおけるデザインの考え方!プロ目線の考察の内容とは?

文章はあくまでも補助的な内容で

ポスターは、HPと違い文章よりもイメージを強く表に出す必要性がありますよ。街中で歩く人々の多くは、初めにイメージをとらえ興味があれば文章に目を通す事がほとんどだからです。この内容をチャックするポイントは、文章を全く載せない状態でイメージからどの様な雰囲気や意味が伝わってくるのかを知る事が重要ですよ。なぜならば、遠くから見る人にとっては、文章がまったく確認できない可能性があるためです。人は、ある程度記憶によって、あるイメージから連想できる内容を把握する事が出来ます。例えば、化粧の濃い女性のイメージは、化粧品や結婚式の様な内容と把握できる様な事です。その様なポイントを押さえながらデザインを考えて行く必要性がありますよ。

伝えたい言葉は優先順位をつけ大きく扱う

ポスターにおける言葉や文章は、全て同じ大きさでデザインをすると何を伝えたいポスターなのか分からない事も出てきますよね。言葉や文章に対して優先順位を付けて最も伝えたい言葉を大きく扱う事が大切ですよ。例えば、お祭りのポスターであれば、お祭りと言う言葉を大きく扱う事によってお祭りのポスターだと直ぐに確認する事が出来ます。デザイナーの中には、ポスターをコンクールに出す内容や、テレビCMで見られる様なデザインを行う方がいますが、目的や趣旨が違えばその効果に違いが現れるため、ポスター制作を依頼される場合はこの視点も視野にいれて制作会社を選ぶ事が重要と言えるでしょう。

赤色をどのポイントに扱っているか

赤色と言うのは、人が最も意識を向ける色として扱われていますよ。信号機の止まれの色も赤ですよね。又、高層ビルの屋上に付ける、飛行機へ注意を促すランプも赤色が扱われています。赤は、血の赤であるため、人は赤色を見ると自分自身にも危機が迫っている内容かどうかと言う判断を無意識に働かせます。ポスターは一部分でも赤色を扱う事が望ましく、意識を向けてもらう効果を高める事が可能ですよ。ただし、強すぎる赤色は警戒心を与えてしまうため注意が必要です。赤色が強すぎると判断されるポスターは、赤色に近い暖色系の色を上手く扱う方法もお勧めですよ。

近年では、ネット申し込みなどから格安コピー印刷ができる業者があり、大量に印刷する際にはそういったものを利用すると便利です。