クラウドサービスを小学校で例えるとどの様な姿?分かり易く解説!

忘れ物を無くす事が出来るクラウドサービス

クラウドサービスの大きなサービスの一つにサーバー上にある容量に大切なデータを保存をしておくと言う内容がありますよ。これは、小学校で例えるならば、学校で必要な教科書などをサーバー上に置いておく事によって、忘れ物をする事無く学校内で引き出す事が可能な姿です。データその物の持ち運びをする必要性がないため、通学途中に無くしてしまうリスクもありませんよね。サラリーマンが働く企業でも同じ事が言える物であり、会社での残業内容を自宅で行うにも最適なサービスになります。

多くの方に資料を配布する事が出来る

サーバー上にあるデータは、アクセス権があれば多くの方がその内容を把握する事が出来ますよ。小学校で例えるならば、保護者へ伝える大切な内容をサーバー上に置いておく事によって保護者がいつでも確認ができる様な姿です。子供の中には保護者への大切な手紙を紛失をしたり、渡し忘れてしまう可能性がありますよね。サラリーマンが働く企業でも同じ事が言える物であり、社員に対してアクセスをしてもらう事によってその内容を直ぐに把握してもらう事が可能ですよ。メールなどによって伝える方法もありますが、ノートパソコンやスマホを紛失してしまえば、第三者がその内容を把握してしまうリスクがありますよね。安全を求めるならば、クラウドサービスの利用が最適と言えるでしょう。

共同作業にも最適なクラウドサービス

クラウドサービスの中には、スケジュールの共有化やファイルなどを共有できるサービスがありますよ。小学校で例えるなば、一つの創作品をみなんで一緒に作り上げる様な姿です。誰がどの内容を作り上げるのか知っていれば、受け渡しなどの作業が効率化され各々が行うべき内容と言うのも直ぐに把握する事が出来ますよね。サラリーマンが働く企業でも同じ事が言える物であり、スケジュールの共有化やファイルの共有は、作業効率を高めて仕事のスピードを早める事が可能になりますよ。特に大容量のデータを扱う場合は、メールに添付して引き渡すよりサーバー上にあるデータからダウンロードする方が望ましく、メールが開きにくいリスクを防ぐ事が可能になります。

クラウドサービスとは、従来手持ちのコンピューターで使用していたソフトウェアやデータ等を、ネットワークを経由することにより取得、利用できるシステムサービスのことを言います。